不動産投資

【不動産投資】セミナー受講で○万円分のギフト券?よく見る広告から申請してみた結果

最近投資のことについて自分で検索することも多くなってきたのですが、それを検索エンジンが察知してか、ワンルームマンション投資の広告が目立つようになりました。

なにやら面談するだけで3万円とか2万円とかギフト券がもらえるとのこと…

本当に面談するだけか?怪しい物件を紹介されるんじゃないのか?とびくびくしながらも、

kou

3万円、欲しい!!!

となった私は面談を受けることにしました。

今回の記事では、実際に申し込んでどのような面談を受けたのか、解説していきたいと思います。

どんな話を聞かされるのか気になっている人や、ギフト券が本当にもらえるのか気になっている人、不動産投資に興味がある人に向けて解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いた人
  • 甲(こう)@koublog2
  • 20代後半妻子持ちサラリーマン
  • 一馬力でFI(経済的自立)が目標
  • 大手メーカーでソフトウェア設計開発担当
  • インデックスファンド(オルカン)に投資
  • つみたてNISA満額投資
  • 企業型DC満額投資
  • 投資歴5年目

3万円のギフト券はもらえたか?

結論から申し上げますと、貰えました。

面談を受け終わったのが先週(2021/4/19の週)のことだったのですが、6月ごろに実際に受け取りました。

不動産の契約をしたわけではありませんので、本当に、面談を受けるだけでギフト券を貰えることになります。

ただ、露骨にギフト券目的ですよ~という雰囲気は出さないようにしました。

面談相手の話はしっかりと聞いたうえで、興味があるそぶりをしつつ、面談を終えた結果、貰えたというところです。

どんな面談内容だったか

分が受けた不動産会社の面談は合計3回ありました。

1回あたり約1時間の面談でしたので、計3時間ですね。時給1万円です。なんと割がいい。

まず申し込み後の流れからご紹介します。

申し込み後、電話がかかってくる

その広告を出している会社がどういう会社なのかの軽い説明と、ワンルームマンション投資に対して興味があるかどうかを電話で確認されました。

3万円目当てでしたので、二つ返事で「興味あります!」と言うと、詳しくは面談させていただく、という流れになり、1回目の面談の予約を取り付けられました。

1回目の面談

1回目の面談では、会社の詳しい説明、その会社ならではの利点、ワンルームマンション投資のメリットについて説明を受けました。

会社はぼかしますが、ワンルームマンション投資のメリットとして挙げられていたのは以下の点です。

個人年金になる

購入した後のローンを払い終わったら、年金代わりになりますよ、とのことでした。

家賃が9万円だとして、それが毎月入ってきます。と、言われましたが、私としては30年後にローンを返し終わった後、それだけの家賃が取れるかは非常に疑問でした。疑問でしたが突っ込んでもしょうがないのでへぇーと言っておきました。

ちょっと考えればわかりますが、築3~40年たったようなボロボロのマンションに高い家賃を払って住みたい人はいないはずで、将来的に借り手がいなくなれば家賃を下げざるを得ないはずです。

生命保険のかわりになる

ローンが残っている状態で、オーナーが死亡する、またはがんになった場合、ローンの支払いがゼロになります、という利点です。

これについては家を購入する人はほぼつけているのかな、と思います。いわゆる団信というやつですね。

ただ、生命保険にするなら掛け捨てで2000万補償がついている保険に安く入れるのでそっちで充分だなぁと感じました。

節税対策になる

ローンの返済や、税金、管理費など、すべて経費として計上できるので、その分税金が安くなります!というメリットだそうです。

税金が安くなる=収入が減ってます。

家賃収入より、ローンの返済額⁺各種税金(固定資産税とか)の方が高いから、税金(所得税、住民税)が安くなるようです。

毎年必ずマイナスになるって、それは投資なんでしょうか…?

インフレ対策になる

仮にインフレした際に、物価が上がるので家賃も上げられます!とのことでした。

先ほども言いましたが、基本的に時間がたつにつれて物件(上物)の価値は下がるので、家賃は下がると思っています。

仮にインフレしたとして、そこに前から住んでいる人に対して、家賃を上げますと言って納得されるでしょうか?多分されないですよね。

2回目の面談内容について

2回目の面談は、ライフプラン設計をしましょう!という内容

結論から言ってしまえば、老後のお金足りないので不動産で備えましょう!というように不動産への投資を前向きにさせるものでした。

営業マン

年金制度は崩壊しないとしても、日本の人口は減っていっているので貰える額は少なくなると思います。不足額を算出して、不動産でどう対策を打つか検討してみましょう

kou

わかりました。(はやく3万円ほしい…)

営業マンの言っていることは、私もある程度は正しいと思っています。

年金がもらえなくなるとは思っていませんが、少なくなる可能性はあります。

まだ30年もあとの話なので年金額に対しては考えすぎても仕方ないですが…

そこで営業マンが出してきた年金額が、ざっくり10万円/月という見立てでした。私の生活費としては月30万くらいあれば足りるかなぁと思っていましたのでそれを伝えると、

営業マン

では、月に20万足りませんね。人生百年時代です。90歳まで生きるとして、20万×360か月、なんと7200万も不足してしまいます!

まぁ…何も備えてなければそうなのでしょう。7200万はただの数字遊びでしかありませんが、備えていなければ不足はします。

7200万を貯金で貯めようとすると、60歳までに月に約20万程貯め続けなければならないとのことです。さらに貯金だけで貯めるとインフレのリスクもあります。

それって厳しいですよね?不動産で備えません?という切り口でした。

kou

なるほど!備えが必要ですね!(企業型DCとつみたてNISA満額やってるから備えあります!)

()内は本音ですがもちろん伝えてません。と、ここで2回目の面談は終了。

3回目の面談にしてついに物件を紹介される

3回目です。まずは開口一番、営業マンからの一言。

営業マン

これまで様々なメリットを紹介させていただきました。不動産投資に前向きになっていただけましたか?

kou

金額も大きいですので、検討中です!(少なくともここでは買いません!)

私は不動産投資自体は興味があって色々調べている途中なのですが、ワンルームマンション投資に関しては営業を実際に受けてみて魅力があまりないなぁと感じています。

2,3000万のお金があるのであればワンルームマンション投資以外の方法の方が利回りが高いと思います。

営業マン

今回はおすすめの物件を実際に紹介させていただきますので、ぜひ前向きにご検討いただければと思います。

そこで紹介された物件の詳細については明記を避けますが、だいたい2000万ほどの都内の中古ワンルーム。家賃は9万円。

その営業の方に好感が持てたのは、かかる金額をほぼすべて教えてくれた点です。固定資産税や、設備の修理費(エアコン、給湯器など)としてかかる金額も含めて教えてもらいました。

全て教えてもらった結果毎月マイナスでした。残念…

マイナス額は2000円ほどでした。2000円で生命保険に入れてその上物件までついてくると考えたら安くないですか?と言われました。

安くないです。そこに3000万もの融資枠を使うのは勿体ないなと感じました。

しかも入居者が途切れない前提なんですよね、入居者が途切れ続ければ、家賃分ローン返済が自腹です。

複数人が入居しているアパートなどであれば一人出て行っても他でカバーできますが、ワンルームマンションの場合出ていかれるとカバーできません。

怖くてしょうがないですね。

とりあえず、物件の説明をすべて聞き、再度購入の意思があるか聞かれましたが、現時点では

んーーー…他のところと比べてどうなのか確かめて、再度検討します。

と言って面談は終了。これで3回の面談が終わりました。

ギフト券を受け取るために必要な書類

ギフト券を受け取るのに、条件が設定されていました。

  • 免許証
  • 保険証
  • 昨年の源泉徴収票

上記3点の書類が必要とのこと。ここは個人情報の扱いについての規約をちゃんと読んだうえで提出しました。

契約した際に、本当に融資を受けられる人物なのか確かめるためでしょうね。

まとめ:ギフト券は本当にもらえるが、ワンルームマンション投資はおすすめしない

今回は、広告掲載されていたセミナー受講でギフト券3万円は本当にもらえるのか確かめてみました。

結果、貰えはしましたが、

  • 融資を受けられる人物であること
  • 不動産投資に前向きな姿勢を見せていること

この条件は満たしている必要がありそうです。あと、セミナーといいつつ営業かけられます。

私自身、ワンルームマンション投資の実態は把握しておきたかったので、非常に勉強にはなりました。

ワンルームマンション投資の検討をしている方がいらっしゃれば、参考にしていただければ幸いです。

私はワンルームマンション投資はお勧めしません(笑)

既にいろいろ不動産投資している方が税金対策と割り切って買うのならありなのかもしれません。

一応、何社かリンク貼っておきます。

【人生100年時代のライフプラン診断】 

シーラの1Rマンション経営

投資を初めて行うのであれば不動産投資ではなくインデックス投資がおすすめです。

※インデックス投資の始め方から終わり方まで解説した記事はこちらから

【揺り籠から墓場まで】インデックス投資の始め方・続け方・終わり方インデックス投資の解説記事です。始め方・続け方・終わり方を広く網羅的に解説しています。...

ということで今日はこの辺で、それでは!

ABOUT ME
45歳までにFI(経済的自立)を目指す技術系若手社員