Victory Fundの評判は?最新のキャンペーン情報も紹介
6月最新|無料で貰えるアマギフ情報!
不動産投資
PR:広告を含む場合があります

Victory Fundの評判は?最新のキャンペーン情報も紹介

Victory fundは目標利回り10%の案件多数の不動産クラウドファンディングサービス。
東京23区に特化して投資できることが特徴。
今だけ期間限定で新規登録で1,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

最近人気になってきている不動産クラウドファンディングのサービス。

低リスクかつ小額から不動産投資ができるので投資対象としてよく検討されています。

今回は、「カチデベロップメント株式会社」が運営する「Victory Fund」を紹介。

一口1万円で、最低10口からの投資ができる不動産クラウドファンディングです。

Victory Fundの特長は、以下の3点。

  • 1口1万円から投資可能(今まで出たファンドは全て最低10口から)
  • 東京23区に特化
  • 利回りが高い

利回りは現状で8.0~10.5%。

ほとんどのファンドの利回りが10%と他社と比べてかなりの高水準。

さらに今だけの期間限定でAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも!

不動産クラウドファンディングに興味のある方は会員登録だけでも行って投資の機会を待つことをおすすめします。

  • 新規登録で1,000円分のAmazonギフト券!
  • 2023年7月31日までの期間限定

登録無料 Victory Fund公式HP

他にも、無料でAmazonギフト券が貰えるキャンペーン情報や、不動産投資の面談で貰えるギフト券情報を紹介しています。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

Victory Fundの評判は?

不動産クラウドファンディング自体の仕組みは、一言で言えば投資家からお金を集めて不動産に投資するというサービス。

そこに不動産クラウドファンディングの事業者も一緒に参加して投資を行います。

不動産投資なので、そこで得られた家賃収入を分配金として投資家に還元するわけですね。

Victory Fundの運用期間は12か月のものが多いです。

一番短いものだと6か月というファンドもありました。

  • 福岡市介護・医療プロジェクト:運用期間12か月、年利10.00%
  • 小平市用地収益化プロジェクト(No.1):運用期間6か月、年利10.00%

運用終了時に得た利益で元本も帰ってくるというわけです。

あわせて読みたい
不動産クラウドファンディングは儲からない?メリット・デメリットを他投資と比較
不動産クラウドファンディングは儲からない?メリット・デメリットを他投資と比較

不動産クラウドファンディングについて、他の投資と比較して実際どうなのかは上記の記事で詳しく解説。

Victory Fundが扱っているファンド

2023年7月現在、Victory Fundのホームページで確認できるファンドは15件です。

不動産投資には、インカムゲイン型とキャピタルゲイン型があります。

それぞれ以下のような意味だととらえてください。

  • キャピタルゲイン:購入価格より高い金額で物件を売却できた時の利益を分配
  • インカムゲイン:物件を保有したまま得られる収益。家賃収入や共益費、礼金など

Victory Fundのファンドは、基本的に家賃収入も得つつ最終的には売却するので、キャピタルゲインとなります。

Victory FundのTwitterでの評判

Victory Fundに対するTwitterでの評判を紹介します。

VictoryFundの浜松町2丁目プロジェクト(NO.2)になんとか応募完了できた。先着順だから無理かと思ったけどギリギリいけたっぽい。 利回り10%は魅力だけど劣後出資が少ないので今回は10口で応募。

出典:Twitter

victory fund利回り10%に上昇したから、突撃! ここは対応もいいし、積極投資していく!!

出典:Twitter

Victory FundからAmazonギフト券頂きました〜。 歯磨き粉買います

出典:Twitter

甲

定期的にamazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。実質の利回りが高くなるので、ねらい目です。

Victory Fundのキャンペーン情報

Victory Fundでは、定期的にAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

2023年6月22日から7月31日までの期間限定で、新規登録のみで1,000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

甲

多額の投資を行うとさらに利回りアップです。(1%相当のアマギフバック)

  • 新規登録で1,000円分のAmazonギフト券!
  • 2023年7月31日までの期間限定

登録無料 Victory Fund公式HP

Victory Fundの運営会社情報

会社名カチデベロップメント株式会社
設立日1997年7月7日
事業内容不動産特定共同事業法に基づく不動産クラウドファンディング、
不動産開発販売事業、プロパティマネジメント事業
キャンペーン新規登録でAmazonギフト券1,000円プレゼントキャンペーン中
2023年7月31日までの期間限定
免許登録[宅地建物取引業者免許] 東京都知事(5)第79547号
[不動産特定共同事業者許可] 東京都知事 第149号

Victory Fundはカチデベロップメント株式会社が運営している不動産クラウドファンディングサービス。

Victory Fund自体のサービスは2021年の3月から開始されていますが、運営しているカチデベロップメント株式会社は1997年から経験を積んでいる20年以上の歴史ある会社です。

当社を支える主要メンバーは、メガバンクで不動産事業を含む法人取引を通して東京地区の不動産市況及び関連ネットワークを構築してきた。及び不動産特定共同事業実施部門責任者である業務管理者も一環として東京地区で収益物件、買取転売など多方面の不動産事業に従事してきた。それ故、東京地区に特化した物件情報に優位性を持つ。

Victory Fundの登録方法!

Victory Fundの投資家登録方法を紹介します。

用意しておくものはスマホと本人確認書類だけでOKです。

  1. 会員仮登録
  2. スマホで本人確認
  3. 会員本登録

上記3点が終われば出資の申込が可能です。

Step1 会員仮登録

登録するメールアドレスをVictory Fundのサイトで入力してください。

入力したメールアドレス宛に、認証用のURLが届くので、そのURLを開いて会員登録を完了させます。

仮登録で入力する情報は以下の通りです。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 秘密の質問
  • メールマガジン登録
  • 確認事項の承諾

Step2 スマホで本人確認

スマホがない場合ははがきによる本人確認も可能ですが、スマホの方がお手軽です。

本人確認に使える書類は以下の通りですので、いずれかをご準備ください。

  • 運転免許証
  • 写真付き住基カード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書

Step3 会員本登録

会員本登録では、下記の情報を入力します。

  • 名前
  • 日本国居住者
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 口座情報
  • 投資目的

以上でVictory Fundの登録は完了します。

Victory Fundのデメリット2つ

他の不動産クラウドファンディングに比べて、大家どっとこむのデメリットを上げるとすると以下の2つがあります。

  • 優先劣後の割合が低い
  • 不動産クラウドファンディングサービスとしての実績が少ない

優先劣後の割合が低い

Victory Fundも、他の不動産クラウドファンディングと同様、優先劣後構造を採用しています。

これは、不動産価格が下落してしまったときに、劣後出資分までの下落であれば優先出資者(我々投資家)の元本は守られるという仕組みです。

Victory Fundの劣後出資割合は3~10%前後と他の不動産クラウドファンディングと比べて低い水準であるため、元本割れを起こす可能性は(他と比べれば)少々高くなります。

不動産クラウドファンディングサービスとしての実績が少ない

運営元のカチデベロップメント株式会社は1997年から創業している20年以上の歴史のある会社。

ただし、Victory Fundのサービス自体は2021の3月からとまだまだ歴史が浅いことは事実です。

運用が終了した案件も出てきているので、投資している方の情報も得つつ、新規案件への投資をするか見極めが必要です。

Victory Fundのメリット2つ

ここからはVictory Fundのメリットを2つ紹介します。

  • 他の不動産クラウドファンディングと比べてかなり高めの利回り
  • 東京23区に特化

他の不動産クラウドファンディングと比べてかなり高めの利回り

Victory Fundのファンドは、8.0%~10.0%の利回りがボリュームゾーンです。

ほぼすべての物件が10%前後という不動産クラウドファンディングサービスはほぼありません。

かなりの高利回りであることは間違いないです。

東京23区に特化

ほとんどの案件が東京23区に集まっているため、実際に物件の確認をする際やりやすいというメリットがあります。

Victory Fundを運営している主要メンバーの方々は、メガバンクで不動産事業の取引を行ってきた経験を持ちます。

さらに東京に集中しているので、他社が見つけられないような物件に関してもリフォームを行うなどして付加価値を付けて売却利益を出す仕組みとなっているとのこと。

まとめ|Victory Fundは高利回りで投資可能

今回は不動産クラウドファンディングサービスのVictory Fundについて、サービスの紹介やメリットデメリットを紹介しました。

  • 2023年7月31日までの期間限定でAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中
  • 他の不動産クラウドファンディングと比べてかなり高めの利回り
  • 東京23区に特化

一つのファンドに対する投資金額も多めで、他の不動産クラウドファンディングと比べて投資しやすいこともメリットです。

新規案件を見逃さないために登録しておくことをおすすめします。

  • 新規登録で1,000円分のAmazonギフト券!
  • 2023年7月31日までの期間限定

登録無料 Victory Fund公式HP

ABOUT ME
甲(こう)
甲(こう)
投資ブロガー
投資ブロガー×ファイナンシャルプランナー。つみたてNISA、企業型DC、ジュニアNISAを駆使して非課税投資をエンジョイ中。余ったお金は特定口座にも入れてます。インデックス投資や不動産クラウドファンディング、お得なキャンペーンについてブログで情報発信中。
記事URLをコピーしました