インデックス投資

【インデックス投資】全世界株投信を徹底比較!|オルカン、楽天VT、SBI雪だるま

以前、つみたてNISAで全世界株式への投資を行う場合、

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

がコスト(信託報酬)最安値という比較記事を掲載しました。

関連記事:【インデックス投資】全世界株式、つみたてNISAでの全8商品比較|MSCI ACWI Index

ここで比較を行ったのは、MSCI ACWI Indexを対象とした全世界株式への投資信託商品です。

MSCI ACWI Indexとは…
MSCI ACWI Indexは、アメリカのMSCI社が提供する商品
正式名称:Morgan Stanley Capital International All Country World Index
対象は先進国24か国、新興国21か国の45か国
世界の時価総額の上位85%を網羅する、かなり分散の効いた商品

全世界株へ投資できる指数は、MSCI ACWI IndexだけでなくFTSE Global All Cap Indexもあります

今回は、eMAXIS Slim全世界株式と、FTSE Global All Cap指数への連動を目指す投資を行う商品(楽天VT、SBI雪だるま)を比較します。

全世界株式へ投資を行う際の参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いた人
  • 甲(こう)@koublog2
  • 20代後半妻子持ちサラリーマン
  • 一馬力でFI(経済的自立)が目標
  • 大手メーカーでソフトウェア設計開発担当
  • インデックスファンド(オルカン)に投資
  • つみたてNISA満額投資
  • 企業型DC満額投資
  • 投資歴5年目

オルカン、楽天VT、SBI雪だるまの比較

まずは信託報酬や投資の分散の広さなど表にて比較します。

投信名称eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
楽天・全世界株式
インデックス・ファンド
(楽天VT)
SBI・全世界株式
インデックス・ファンド
(雪だるま)
対象指数MSCI ACWI IndexFTSE Global
All Cap Index
FTSE Global
All Cap Index
信託報酬0.1144%0.212%0.1102%
純資産額2538.4億1145.73憶314.9億
投資対象国先進国23か国
新興国27か国
世界47か国世界51か国
組入銘柄数外国株式1319銘柄
新興国株式1399銘柄
国内株式301銘柄
約9000銘柄約8000銘柄
つみたてNISA対象対象対象

FTSE Global All Cap Indexも全世界の株価を示す指数です。

FTSEは、1965年にイギリスの金融新聞社フィナンシャル・タイムズ社(FT)とロンドン証券取引所(LSE)の共同出資で設立された企業。その2つを合わせてFTSE。フッツィーって読むらしいです。

MSCI ACWI Indexと何が違うのかというと、「小型株が含まれているかどうか」が最大の違いです。

投資の基本は、長期・分散・積立です。

分散ということに着目すると、MSCI ACWI IndexよりFTSE Global All Cap Indexの方が分散は効いているということになります。

この比較表だけ見てみると、信託報酬も安く、分散も広く効いているSBI・全世界株式インデックス・ファンドが魅力的に映ります。

しかし、純資産額が他と比べて少ない点が気になりますね。その理由について次に説明します。

楽天VTとSBI雪だるまの投資対象の違い

投信名称投資対象
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT) バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま) ■シュワブU.S.ブロードマーケットETF
■SPDRポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国)ETF
■SPDRポートフォリオ・エマージングマーケッツETF

楽天VTは、バンガード社のETFが投資対象です。

バンガード社はアメリカにある世界最大級の投資会社。

楽天VTが投資対象としているバンガード・トータル・ワールド・ストックETFはFTSE Global All Cap Indexに連動しています。

対してSBI雪だるまは、3種類のETFを組み合わせています。

実はこのSBI雪だるまの投資対象の3つのETF、FTSE Global All Cap Indexではなく、S&Pダウジョーンズ・インディシーズ社が算出する指数に連動しています。

Xさん

あれ…?でも最初の比較表ではSBI雪だるまも対象指数がFTSE Global All Cap Indexだったような…?

そうなんです。SBI雪だるまは、対象指数としてはFTSE Global All Cap Indexを目指すとしているのに、実際の投資対象は違う指数を使用しているんです。

インデックス投資は、対象とする指数に連動する値動きを目指す投資なので、この投資先は実際のところどうなの?という懸念点はありますね。

他の2つの商品に比べて純資産額が劣っているのは、この懸念点も理由の一つに挙げられます。

オルカン,楽天VT,SBI雪だるまのリターンについて

では次に、それぞれの投資対象のリターンが実際どうなのか紹介します。

オルカン:設定来からのリターン

設定来からだと、オルカンは+57.54%ですね。

楽天VT:設定来からのリターン

楽天VTは+54.65%。オルカンより少々リターンが低いです。

SBI雪だるま:設定来からのリターン

SBI雪だるまは+50.28%でした。

設定来からのリターンに加えて、ここ1年でのリターンも併せて比較してみると以下のようになります。

投信名称eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
楽天・全世界株式
インデックス・ファンド
(楽天VT)
SBI・全世界株式
インデックス・ファンド
(雪だるま)
全期間リターン
(期間)
+57.54%+54.65%+50.28%
半年のリターン
(期間)
+15.02%+14.22%+14.07%
1年のリターン
(期間)
+34.95%+35.59%+35.83%

この結果を見る限りでは、eMAXIS Slim全世界株式が過去の実績では良かったですね。

オルカンと楽天VTではコストの違いが結果に響いてきています。

SBI・全世界株式は他と比べると劣る結果となってしまいました。

まとめ:コスト重視ならオルカン、分散重視なら楽天VT、SBI雪だるま

blue, green, and yellow world map

今回は、全世界株式に投資できる3つの投資信託の比較を行いました。

  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー):低コスト、純資産額1位、約3000銘柄への分散
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT):(他と比べて)高コスト、約9000銘柄への分散
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま):低コスト、約8000銘柄への分散

分散を重視するのであれば楽天VTやSBI雪だるまを選ぶのが合理的です。

コストや信頼性を考えると、オール・カントリーに軍配が上がると個人的には判断しています。

私はオルカン1本に投資しています

もちろん、投資は自己責任です。最終的な投資判断はご自身でお願いいたします。

ということで、今日はこの辺で、それでは!

※インデックス投資の始め方から終わり方まで解説した記事はこちらから

【揺り籠から墓場まで】インデックス投資の始め方・続け方・終わり方インデックス投資の解説記事です。始め方・続け方・終わり方を広く網羅的に解説しています。...
ABOUT ME
45歳までにFI(経済的自立)を目指す技術系若手社員