【自動車保険】私の保険、高すぎ…?比較して相場を知る

自動車を持っている人であれば必ず入っておいたほうが良い自動車保険。

筆者は、ちょっと前まで何も考えず勧められるがまま自動車保険に入ってました。

私と同じように誰かに勧められるままに自動車保険に加入し、高い保険料を払っていませんでしょうか?

甲

月1万超えてるなぁ…高い気がするけどこんなもんなのかなぁ

高いなぁとは思いつつ、満期までまだ時間があるなぁ、とか、連絡するの面倒だなぁ、とか。

そんなことを思って放置してたわけですね。もちろん車種や等級、その他様々な要因で金額は変わりますが、何事も相場を知ることは大切です。

特に、自動車保険は若いときに高くなりがちです。

保険会社の人
保険会社の人

若者、事故りがち。保険料高くしとこ。

という風に思われているわけです。実際若者の交通事故件数が一番多いわけですが…

若い時こそ見直しをかけておきたいですね。

今回は自動車保険のお勧めの比較方法や、相場について紹介します。

  • 簡単3分登録
  • すぐに見直しをかける方はこちら!

無料 自動車保険の一括見積

甲(こう)
甲(こう)
投資ブロガー
Profile
投資ブロガー×ファイナンシャルプランナー。つみたてNISA、企業型DC、ジュニアNISAを駆使して非課税投資をエンジョイ中。余ったお金は特定口座にも入れてます。インデックス投資や不動産クラウドファンディング、お得なキャンペーンについてブログで情報発信中。
プロフィールを読む

自動車保険のおすすめ比較方法

結論から申し上げますと、自動車保険を安くするのであれば一括見積するのが一番手っ取り早いです。

自分に必要な条件をいれて見積もるだけで、複数の保険会社から金額が返ってきます。

車検証、保険証券を見ながら入力するとスムーズです。

私は結局車を買い替えるタイミングまで自動車保険を変えなかったのですが、

一括見積して比較し、月15,000円⇒月3,000円ちょいまで安くしました。

甲

月15,000円は高すぎですね。本当に。

もちろん補償内容は一緒ではないです、中古の車に買い替えたので、車両保険は外しました。

Xさん
Xさん

安くなるならしたいけどこの前契約したばっかりなんだよなぁ…

という方でも大丈夫です。自動車保険は途中解約した場合、残りの金額が戻ってきます。

この前入ったばっかり!という方でも乗り換えられますのでご安心ください。

保険を乗り換えるのが遅くなればなるほど損していきます。

高いかも…?と感じた方は見直しをかけることをおすすめします。

  • 簡単3分登録
  • 一括見積はすべて無料

無料 自動車保険の一括見積

自動車保険以外の固定費削減についてはこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
300万円以上の損。入社当時から投資や固定費改善やってたら?|私の6つの失敗
300万円以上の損。入社当時から投資や固定費改善やってたら?|私の6つの失敗

保険料の相場について

保険料の相場については、保険会社や条件によって全く異なるので、一例として以下の条件で見てみます。

  • 保険会社:イーデザイン損保
  • 年齢:20代
  • 運転者年齢条件:26歳以上保障
  • 免許証の色:ブルー
  • 等級:6等級(新規だと6等級から)

この場合、年間の保険料はこんな感じです。

車両保険あり車両保険なし
121,720円66,340円

車両保険のあるなしでかなり違うことが分かると思います。

車両保険が必要かどうかですが、修理費を自費で払えるか?がポイントになってきます。

私の場合、軽くこすったり駐車失敗したりする程度で等級を下げるくらいなら使わないなぁ、と思ったので外しました。

車両保険は、条件を広くすれば様々使えますが、使うと等級が下がります。等級が下がると、保険料は上がるので、

甲

結局修理代を後払いしてるのと変わらないじゃん!!

と思ったわけです。もちろん軽い事故ではなく大破するような事故の場合は使った方がいいのでしょうが、もしそうなったら安い車に乗り換えたらいいや…ぐらいの気持ちです。

まずは安全運転第一。

外すべきでない補償について

ただ安くしたいからと言って、外してはいけない補償があります。自動車保険は、大きく4つの保証があります。

補償内容つけるべきか理由
対人賠償責任保険人身事故に対する補償。
無制限推奨
対物賠償責任保険 相手の車だけでなく、
2次被害にも対応する補償。
無制限推奨
人身傷害補償保険 死亡やけがに対する補償。
他の生命保険等を考慮して金額設定
車両保険 車両の故障などを補償する保険。
使うと等級があがるので
対応できる貯金があればなくても可

対人、対物は無制限にしておきましょう。もし起こしてしまった場合、人生が終わりかねません。

人身傷害補償については、家族がいる方はつけておいた方がいいです。生命保険もあるとは思いますので、そちらでかけている金額⁺残された家族用に新しい車代⁺αくらいはかけておいてもいいと思います。

車両保険については上で説明したとおりですね。

まとめ:補償内容を優先しつつ、安い自動車保険を検討する

今回は、自動車保険の相場や、お勧めの比較方法について解説しました。

  • 自動車保険を安くするには、複数の保険会社に対しての一括見積がおススメ
  • 相場は20代で初めての保険であれば年間6~12万ほど(車両保険の有無で異なる)

途中解約しても残りの分の金額は戻ってきますが、遅く手続きすればするほど帰ってくるお金は少なくなります。

高いと感じている方はぜひ今のうちに一括見積をお試しください。

自動車保険の見積もりはこちらから飛べます。

  • 簡単3分登録
  • 別途料金は発生しません

無料 自動車保険の一括見積

ちなみに、バイク保険も同様の考えで一括見積がおススメです。

  • 簡単3分登録
  • 別途料金は発生しません

無料 バイク保険の一括見積

自動車保険以外で、若手社員として入っておくべき保険についてはこちらで解説しています。

あわせて読みたい
【もしもの備え】新入社員に必要な保険とは?
【もしもの備え】新入社員に必要な保険とは?

自動車保険は使わないに越したことはないのでまずは安全第一で行きましょう。

ABOUT ME
甲(こう)
甲(こう)
投資ブロガー
投資ブロガー×ファイナンシャルプランナー。つみたてNISA、企業型DC、ジュニアNISAを駆使して非課税投資をエンジョイ中。余ったお金は特定口座にも入れてます。インデックス投資や不動産クラウドファンディング、お得なキャンペーンについてブログで情報発信中。
無料の面談でAmazonギフト券をゲット

ギフト券が貰えるセミナー情報まとめ

無料でギフト券が貰えるセミナー情報まとめ

投資系のセミナー、面談でAmazonギフト券などが貰えるサービスをまとめました。

1社の面談で最高50,000円分のギフト券を貰うことができます。

記事URLをコピーしました