若手向け情報

【新入社員の貯蓄】新人時代に、貯金をいくらすればいいのか解説

こんにちは!甲(@koublog2)です!新入社員の時の私は貯金に対して以下のように思っていました…

新人時代のkou

会社の積み立て型保険?よくわかんないけどそれに入っておけば大丈夫でしょ!後のお金は使うぞー旅行行くぞー若いうちにしかやれないことやろっ!

ということでね、最初の夏休みなんかグアムとマレーシアに行ってました。一夏に2回海外。

海外に行ったことは1㎜も後悔してないですし、実際行けるときに行った方がいいと今でも思ってます。(今はコロナで行けないですが…)

ただよくわからないまま積み立て型保険に入り、貯蓄はそれしかしてないっていうのは今考えると非常に危うかったなぁと思います。

そこで、今回の記事では、実際にどのように貯蓄をするのが賢明だったのか?過去の自分に向けて説明するつもりで解説していきたいと思います。初任給が入った新入社員の皆さんの参考になれば幸いです。

収入の10分の1を貯蓄せよ

結論から申し上げますと、手取り収入の10分の1を貯金に回すことをお勧めします。

この見出しの言葉は知っている人も多いと思います。バビロン大富豪の教えという本に掲載されている「黄金に愛される7つ道具」の言葉の一つですね。

これはどういうことかというと、収入の10分の1を貯金しておくことで、残りの10分の9の金額で生活することになり、その生活に慣れるということを目的としています。

手取り収入が20万円あったのであれば、2万円は貯金して18万円で生活する、ということです。

使っていいお金があると、人は使えるところまで使ってしまいます。新人時代の私がいい例ですね。

新人時代のkou

会社の積み立て型保険?よくわかんないけどそれに入っておけば大丈夫でしょ!後のお金は使うぞー旅行行くぞー若いうちにしかやれないことやろっ!

当然、旅行にたくさん行っていた1年目の私は貯蓄ほぼ0でした。ただ、結果的には会社の積立保険で多少なりともお金は残っていた、ということになります。

お勧めの貯蓄先について

次に、具体的な貯蓄先について紹介したいと思います。

貯蓄先については、預け方として新人時代の私がやっていた積み立て型保険や、その他にも定期預金、普通預金など様々ありますが、それぞれ、いい所、悪い所があります。

まだ貯蓄が十分にない新人社員なのであれば、普通預金で貯蓄することをお勧めします。

何故かというと、何かあった時にすぐ引き出せるお金を作っておかなければならないからです。定期預金や積み立て型保険は、利息は普通預金に比べれば高いですが、好きなときに引き出すことができません。

もちろん、何かあった時は保険で備えておく手も有効です。以下の記事で新入社員に必要だと思う保険についても紹介しています。

関連記事:【もしもの備え】新入社員に必要な保険とは?

最低限の保険で備えつつ、何かあった時の為に引き出せる普通預金に収入の10分の1ずつ貯めていく。

これで生活が成り立つように、貯金したお金は元からないものと考えるぐらいがちょうどいいかもしれませんね

まとめ

今回は、新入社員が貯蓄すべき金額と、おすすめの貯蓄先について解説しました。

  • 収入の10分の1を、普通預金口座に貯金する

残りのお金で生活することに慣れ、堅実にお金をためていきたいですね。貯金用の口座と生活費用の口座は分けておくこともおすすめです。

会社によっては、給料の振込先として第2口座を指定できる場合もあると思いますので、第2口座に貯金しておいて放置するくらいでいいかもしれません。

ということで今日はこの辺で失礼します。次回は、10分の1貯めるのは分かったけどいくらを目標に貯めればいいの?他のみんなはどれくらい貯めているの?という疑問に対して解説していきたいと思います。

それでは!

※6/21追記

入社時に知りたかったお金の話について以下の記事でまとめておりますので合わせてご活用ください。

新入社員とお金
【新入社員必見】入社時に知りたかったお金の話【貯金・投資・保険】自分が入社してから悩んできたお金の話について、「入社時に知っていれば…!」という観点で解説しております。知らないだけで損している情報は世の中にたくさんあるので、知らない人との差をつけていきたいですね。...
ABOUT ME
45歳までにFI(経済的自立)を目指す技術系若手社員