若手向け情報

【仕事と投資】FIREしたいなら本業や副業で入金力をあげよう

こんにちは!甲(@koublog2)です。FIREムーブメントの高まりや、実際にFIREするには月にどれくらいの積立が必要なのか、これまで複数の記事で解説してきました。

関連記事:【本当の自由?】FIREという考え方について

関連記事:【FIREしたい!】インデックス投資で具体的に毎月いくら積み立てればいいの?

Xさん

FIREの意味も分かった、どれくらい月に入金すればいいかもわかった、でもそんなにお金ない!

ではどうすればいいのか?ということで、今よりもお金を稼ぐ方法を解説していきたいと思います。

昇格する

まず結論その1が「昇格」です。

今いる会社で成果を出して評価されることで、給料を上げることができます。

ただし、この方法はいくつか問題点があります。

問題点その1:査定が年一回

全ての会社に当てはまるわけではないですが、基本給が上がるのは基本的に年に一回というパターンが多いです。

しかも働き始めてすぐはそんなに上がりません。いい会社に入っても数千円から1万ちょっとという方が大半だと思います。

1年間死ぬ気で頑張っても月に数千円しか上がらなかったらちょっとがっかりですよね。

問題点その2:年功序列が根強い

実力主義に変えていく、という風潮もありますが、まだまだ年功序列が強いのが現実です。

同僚のおっさん

ん?それは僕の仕事じゃないから君がやっといて~

と、人に押し付けておいて自分はやらない同僚のおじさんの方が給料が高いわけです。

やる気なくしますよね…

問題点その3:正しく評価される保障はない

自分では頑張ったつもりでも、結局は上司の評価次第です。

上司

こいつは気に入らないから普通の評価にしとこ

…なんてことはないと思いたいですが、正しく評価されなければ給料は上がりません。

こんな状況で働き続けてもおそらくメンタルをやられてしまうので気を付けて下さい。

ちなみにメンタルやられ気味になった私の体験談もあるので置いときます…

【仕事辛い】うつ一歩手前?自分からの危険サイン仕事が辛くてしょうがないとき、自分の体からどんなサインが発せられるのかを実体験をもとに紹介しています。うつになる前に、会社から逃げ出したいですね。...

副業をやってみる

収入をあげるための結論2つ目は、「副業をやってみる」です。

幸い、今は副業の選択肢もかなり幅広いです。

空き時間にUber eatsとかで稼いでみたり、Youtubeの動画編集なんかもあるようです。

あとは不用品をフリマアプリで売ってみたり、プログラミングスキル活かしてフリーの仕事取ったり…

調べればいくらでも稼ぐ手法は出てきます。

報酬が出るタイプの副業であればやればやるだけ稼げますし、リスクもないので手っ取り早く収入を増やせます。

副業収入が20万を超えると、確定申告をする必要が出てきます。

故意に申告しない場合、脱税になるのでお気を付けください。

また、職場で副業が明確に禁じられている場合もあるので、そこは自己責任でお願いします。

転職する

収入をあげるための結論3つ目が、「転職する」です。

Xさん

会社から副業も認められてないし、全然給料も上がらない…頑張ってるのに…

という場合は、転職を検討するのも手です。

自分はもっと貰ってもいいはずだ…!!!という方は第三者に自分の価値を評価してもらうといいです。

それが簡単にできるのが、転職エージェントとの相談ですね。

転職活動自体は会社にバレることなくノーリスクでできます。

転職エージェントと相談した結果、条件のいい企業があればそちらに移ればいいですし、

自分の会社が思ったよりも給料を出してくれている、という事に気づければそれはそれで本業に力を入れればよいと思います。

\20代の転職エージェント(全て無料)/

マイナビジョブ20’s

まとめ

今回は、FIREするために必要な「入金力」を上げるには?という観点で方法を3つ紹介しました。

  • 本業に力を入れて昇格する
  • 副業で稼ぐ
  • 転職して適正な給料をもらう

何か行動しないことには、貰えるお金の量は大きくは変わりません。

どれかには挑戦して、自分の稼ぐ力を最大化していきたいですね。

ということで、今日はこの辺で、それでは!

※6/21追記

入社時に知りたかったお金の話について以下の記事でまとめておりますので合わせてご活用ください。

新入社員とお金
【新入社員必見】入社時に知りたかったお金の話【貯金・投資・保険】自分が入社してから悩んできたお金の話について、「入社時に知っていれば…!」という観点で解説しております。知らないだけで損している情報は世の中にたくさんあるので、知らない人との差をつけていきたいですね。...
ABOUT ME
45歳までにFI(経済的自立)を目指す技術系若手社員