【知らないと損】現金払いが「頭悪い」と言われる理由
2月最新|無料で貰えるアマギフ情報!
お金情報
PR:広告を含む場合があります

【知らないと損】現金払いが「頭悪い」と言われる理由

現金払いが頭悪いと言われる理由は時間効率が悪いこととポイント分損してしまっていること。ただキャッシュレスは気づかず使いすぎてしまうというデメリットもある。

Xさん
Xさん

今どき現金支払い~?頭悪いんじゃないの?

キャッシュレス決済の普及によってこんなことが言われるようになってしまった現金払い。

“現金払いは頭悪い”って、本当にそうでしょうか?

現金払いのメリットとデメリット、キャッシュレス化の波による現金払いの現状について深掘りしていきます。

現金派の方も、キャッシュレス派の方も、賢いお金の管理方法について一緒に考えてみましょう!

「現金払いは頭が悪い」と言われる理由

「現金払いは頭が悪い」と言われる理由

現金払いが頭悪いと言われるのには、いくつかの理由があります。

現代社会では、時間の節約と効率化が重視されており、現金払いはそれに逆行すると見なされているんです。

レジでのお釣りのやり取り、紙幣と硬貨の管理、そして盗難や紛失のリスクなど、現金払いには様々なデメリットが存在します。

甲

コンビニのレジに並んでいるときに現金払いの人が小銭を数えているのを見るとキャッシュレスなら一瞬なのにな…と思っちゃいます。

時代遅れとされる現金払いの現状

現金払いは、かつては最も一般的で基本的な支払い方法でした。

しかし、インターネットとスマートフォンの普及により、オンライン決済やモバイル決済の方が遥かに便利になりました。

現金払いには、現金を取り扱う手間、特に大量の現金を持ち歩くリスク、そして盗難や紛失の可能性が常に付きまといます。

Xさん
Xさん

紛失のリスクという意味ではキャッシュレスもそうじゃない?

もちろん、スマホを盗まれたり無くしたりした場合キャッシュレスだと何もできなくなってしまうリスクもあります。

ポイントがつかず損している

お店によっては現金払いでもポイントカードがあればポイントはつきます。

ただ、キャッシュレス決済の多くはさらにポイントがもらえることが大半。

支払いごとに0.5%~1.5%程度のポイントが戻ってくるものが多く、中には5%や10%還元といったキャンペーンを行っているものもあります。

例えばスマホでのキャッシュレス決済、楽天Payの場合は還元率1%。

甲

仮に年間100万円使ったとして、1万円の差が生まれます。

キャッシュレス決済にはスマホだけでなくクレジットカードでの決済も含まれますが、楽天カードと組み合わせると1.5%の還元を受けることができます。

現金払いのメリットとデメリット

現金払いのメリットとデメリット

しかし、現金払いにもメリットはあります。

具体的には、支出の把握が容易で、予算管理に役立つ点が挙げられます。

一方で、デメリットとしては、先述の時間の浪費や管理の煩雑さがあります。

現金払いには、デジタル決済にはない独自のメリットがありますが、それには欠点も伴います。

現金払いの利点とは?

現金払いの最大の利点は、実際のお金を使うことにより、支出を直感的に把握できることです。

物理的な現金を使うことで、支出が目に見えて管理しやすくなります。

これは、特に予算管理においては大きなメリットです。

Xさん
Xさん

お金が目に見えるから使いすぎも防げる!

Xさん
Xさん

現金がなければ高額商品の衝動買いも物理的にできないし、無駄遣いが減る

さらに、電子決済が利用できない小規模な店舗や市場でも、現金は広く受け入れられています。

甲

現金払いしか認めていない店舗もまだまだ多くありますもんね。

キャッシュレス派にとっては現金払いしか対応していないお店は不便ではありますが、お店の立場からするとキャッシュレス決済を利用する手数料が負担になるという背景はあります。

現金払いに伴うリスクと不便さ

一方で、現金払いには複数のデメリットも存在します。

大きな問題は、現金の紛失や盗難のリスクです。一度失われた現金は戻ってこないため、セキュリティ面でのリスクが常に伴います。

また、現金払いは時間がかかることも欠点の一つです。

特に忙しい都市部では、現金のやり取りによる待ち時間は大きなストレスとなり得ます。

レジで並んでいるときに現金払いの人が時間がかかっているとちょっとイライラしてしまいますよね。

時間があればいいですが、バスの乗降時、タクシーの降車時など、急ぎたいときに現金払いだとどうしても時間がかかってしまうデメリットは大きいです。

キャッシュレス決済の普及と現金払いの現状

キャッシュレス決済の普及と現金払いの現状

キャッシュレス決済の普及は目覚ましく、多くの人々がその利便性を享受しています。

しかし、一部には現金を好む人々もおり、この両者のバランスが現代の支払いシステムの現状となっています。

キャッシュレスの急速な普及

キャッシュレス決済は、その利便性と効率性で急速に普及しています。

スマートフォンを使った決済、オンラインバンキング、電子マネーなど、様々なキャッシュレスのオプションが利用可能になりました。

出典:NIRA総合研究開発機構

上記はNIRA総合研究開発機構が発表した、キャッシュレス決済実態調査2023で報告されている表です。

キャッシュレス決済比率はなんと70.6%。

18歳以上79歳以下の2403人のアンケート結果によるものであり、現金払い派は少なくなっていることがわかります。

これらの決済方法は、速さと簡便さを提供し、特に若い世代の間で広く受け入れられています。

現金を使い続ける理由と背景

しかし、一方で約30%の人は現金払いを続けているということでもあります。これには複数の理由があります。

一つには、デジタル決済に対する不慣れさや不安感が挙げられます。

Xさん
Xさん

ネット上に個人情報、口座情報など入力するのが怖い…

こういった方々も一定数居る印象です。

また、小規模な店舗や地域社会では、依然として現金が主流の決済手段となっています。

Xさん
Xさん

よく使う店が現金払いしか対応してないからキャッシュレスにする理由がない。

高齢者を中心に、現金に対する信頼感や使い慣れた快適さが、現金払いを続ける大きな理由です。

現金払いを続けるべきか?キャッシュレスへの移行を考える

現金払いを続けるべきか?キャッシュレス決済への移行について

この状況を踏まえ、私たちはどうすべきかを考える必要があります。

現金払いを続けるメリットと、キャッシュレスへ移行するメリットを比較して、自分にとって最適な選択をすることが重要です。

甲

それぞれの状況によるので一概にこうすべきとは言いづらいですよね。

どちらの支払い方法が個々のニーズに適しているか、そしてどのようにしてその移行をスムーズに行うことができるかについて考察します。

支払い方法の選択肢とその基準

現金払いとキャッシュレス決済、それぞれの選択には個人のライフスタイルや金銭管理の好みが反映されます。

現金払いは直接的な支出感覚と予算管理に有利ですが、一方で大きな金額の取り扱いは不便でセキュリティリスクが伴います。

キャッシュレス決済は便利さと効率性を提供しますが、デジタルセキュリティやプライバシーの管理が重要になります。

キャッシュレスへ移行するためのポイント

キャッシュレスへの移行を検討する際には、使用するプラットフォームの安全性や利便性、そして日常生活での利用可能な範囲を考慮することが重要です。

また、キャッシュレス決済の種類には多様性があるため、自分の消費習慣に合わせて最適な方法を選ぶことが肝心です。

甲

個人的にはPayPay、楽天Payがポイント還元率やキャンペーンを考えたときにおすすめ。

キャッシュレス決済の利用を段階的に増やすことで、徐々にデジタル決済に慣れていくことも一つの方法です。

現金払い派のための賢いお金の管理術

現金払い派のお金の管理術

最後に、現金払いを好む方々に向けた賢いお金の管理術をご紹介します。

現金を使うことのメリットを活かしつつ、効果的にお金を管理する方法をお伝えします。

現金管理のヒントとアドバイス

現金を使う際には、予算管理が鍵となります。

週単位や月単位での予算を定め、それに合わせて現金を引き出すことで、支出をコントロールしやすくなります。

また、大きな買い物をする際は、あらかじめ必要な金額を準備することが大切です。

こうすることで、無計画な支出を避け、財務管理を改善できます。

現金とキャッシュレスを上手に使い分ける方法

現金払い派であっても、キャッシュレス決済を部分的に取り入れることは有益です。

例えば、定期的な支出や大きな購入はキャッシュレスで行い、日々の小さな買い物には現金を使用するなど、状況に応じて支払い方法を使い分けることがおすすめです。

このように柔軟に支払い方法を選択することで、利便性と安全性を両立させることが可能です。

まとめ:一概に現金払いが頭悪いというべきではない

一概に現金払いが頭が悪いというべきではない

本記事では、「現金払いは頭が悪い」という言葉を通じて、現代の支払い方法の変化と、それに伴う現金払いとキャッシュレス決済のメリットとデメリットについて掘り下げました。

最終的に、個々の状況とニーズに応じた支払い方法の選択が重要であることが明らかになりました。

現金払いは、直感的な支出管理と普遍的な受け入れ可能性を提供しますが、安全性のリスクや効率の問題を抱えています。

一方で、キャッシュレス決済は便利さとスピードを優先しますが、デジタルセキュリティへの配慮が必要です。

最終的には、支払い方法の選択は個人のライフスタイル、安全性への配慮、および利便性のバランスに基づいて行うべきです。

現金とキャッシュレスの適切な組み合わせを見つけることが、賢い金銭管理への鍵となります。

ABOUT ME
甲(こう)
甲(こう)
投資ブロガー
投資ブロガー×ファイナンシャルプランナー。つみたてNISA、企業型DC、ジュニアNISAを駆使して非課税投資をエンジョイ中。余ったお金は特定口座にも入れてます。インデックス投資や不動産クラウドファンディング、お得なキャンペーンについてブログで情報発信中。
最新のお得情報やAmazonギフト券をゲット

フリギワのLINE公式アカウント

最新のお得情報をお届けするフリギワのLINE公式アカウント。

ボタンを押して友だち追加をお願いします!

※Amazonギフト券プレゼントキャンペーンは予算に達し次第終了します。

記事URLをコピーしました