インデックス投資

【費用無料】ネット証券口座の開設方法|SBI証券編

こんにちは!甲(@koublog2)です。今日は、

Xさん

証券口座ってどうやって開くの・・・?手数料はとられるの?

という疑問にお答えしつつ、ネット証券(SBI証券)の具体的な開設方法について解説していきます。

他の証券会社の開設方法については都度更新していきます。

現代の富の倉庫ともいわれる証券口座。まだ持っていない方はぜひ開設して、富を築いていきたいですね。

\口座開設はこちらから/

SBI証券

SBI証券の証券口座開設方法

手数料が取られるかという疑問に対しては、SBI証券の場合口座開設料、口座管理料は取られません。無料です。

まずは開設の前に用意しておくべき書類について説明します。

ちなみにここで紹介するのは成人の方の場合です。未成年の場合「ジュニアNISA」口座であれば開設可能です。ジュニアNISAについては別途解説予定です。

開設に必要な書類について

開設に必要な書類は以下の通り。

必要書類
  • 顔が分かる本人確認書類
  • マイナンバーが分かる書類
  • 振込先の金融機関口座

このうち、顔が分かる本人確認書類、マイナンバーが分かる書類は、マイナンバーカードがあれば1枚で済むのでおすすめです。

スマホがあれば、その場で撮影して提出可能。

マイナンバーカードをお持ちでない場合、個人番号通知カード⁺顔が分かる本人確認書類が必要です。

出典:SBI証券

振込先の金融機関口座についてはお持ちの銀行口座を登録できます。SBI証券と提携している銀行であれば、手数料も無料です。

スマホでの口座開設方法

スマホでの具体的な手順を解説していきます。

1.メールアドレスの登録

こちらで登録したメールアドレスが、今後SBI証券から届くアドレスになりますので、普段使いのものを入れておいてください。

メールアドレスを入力して、「次へ」を押してください。

2.認証コードの入力

メールアドレスを入力して「次へ」を押すと、登録したアドレスに下記のメールが届きます。

SBI証券のページは開いたまま、メールを確認します。

ここで記載されている認証コードを、

こちらの画面にて入力し、「次へ」を押してください。

3.お客様情報の設定

個人情報や住所など必要事項を記入していきます。

特定口座、という欄ですが、基本「開設する(源泉徴収あり)」で開設しておいてよいです。

SBI証券側で、納税を勝手にやってくれます。個人で確定申告をする場合には、それに合わせて選択をお願いします。

また、NISA口座を開設する場合は下記画面にてチェックをしてください。

NISA口座は一人一つまでしか持てません。他の金融機関ですでにNISA口座を開設している場合は「申し込まない」を選択して下さい。

長期投資を検討しているのであれば、つみたてNISAがおススメです。

4.規約の確認

規約の書いてあるPDFファイルを開き、内容を確認すると同意のチェックが押せるようになります。

確認の上、チェックして次に進んでください。

5.入力内容の確認

入力した情報を確認し、次へ進んでください。

6.開設方法の選択

開設方法を選びます。ネットで口座開設のほうが簡単に申し込み可能です。

郵送を選択した場合、本人確認書類を送る必要があるので解説までの時間が少し長くなります。

7.開設申し込み完了!

この画面になれば、口座開設の申し込みは完了です。

こちらの画面に表示される、「ユーザーネーム」「ログインパスワード」は次の手続きに必要なのでスクリーンショットを撮るなどで保存しておいてください。

8.ログインし、本人確認書類を提出

先ほど控えたユーザーネームとログインパスワードを入力し、ログインしてください。

ログイン後、事前に用意して頂いた本人確認書類を提出すれば、SBI証券側で審査が始まります。

私の場合は3日ほどで本人確認書類の審査完了し、取引可能な状態となりました。

まとめ

今回は、SBI証券の口座開設方法について詳しく解説しました。

  • 開設料、管理料無料で開設可能
  • マイナンバーカードがあれば本人確認書類はそれ1枚でOK
  • ない場合は通知カード⁺免許証等でOK
  • ネット開設であれば3日程度で開設可能

20歳以上であれば簡単に開けますので、本記事を参考に開設して頂ければ幸いです。

\口座開設はこちらから/

SBI証券

ちなみに、つみたてNISAとはどんな制度か、開設した後何に投資すべきか、SBI証券でのおすすめは?など下記の記事で解説しておりますので合わせてご参考ください。

【インデックス投資】貯金をするなら投資しろ!つみたてNISAについて解説つみたてNISAの制度を使用して、インデックスファンドに投資するメリットについて紹介しています。老後2000万問題の解決法の一つとなりうるお得な制度を、若手の社員に向けて解説しています。...
【インデックス投資】積み立てNISAのお勧め商品解説!米国or全世界積み立てNISAで購入する商品のお勧めを解説しています。 米国株か全世界株かどちらに投資すべきかという内容についても、自分の考え方を述べて解説しています。参考になれば幸いです。...
【インデックス投資】SBI・Vシリーズ、投資対象となるか?楽天証券と比較しながら解説 SBI証券から気になるニュースが立て続けに出てますので紹介します。 新設されたVシリーズが実際どうなのか気になるところです。 ...

ということで、今日はこの辺で、それでは!

ABOUT ME
45歳までにFI(経済的自立)を目指す技術系若手社員