若手向け情報

【本当の自由?】FIREという考え方と甲のFIRE計画|月25万の不労所得目標

FIREという言葉の認知度が上がってきてますね。

Xさん

FIRE?炎のこと?それともFire stick?、クビのこと?

いえ、ここでのFIREは、Financial Independence, Retire Early(経済的自立、早期リタイア)の意味です。

一言で言ってしまえば、FIREとは働かなくても暮らしていける状態になることです。

この言葉だけを切り取れば、仕事を始めたばかりの若者はもちろん、それ以外の方にも凄く刺さる考え方だと思います。実際、私にも刺さってます。(笑)

ということで今日は「FIREする」にはどうしたらいいのか、また、FIREした後に広がっている可能性についても解説していきます。

また、私のFIREへの計画と、今どこまで進んでいるかも合わせて紹介します。

共にFIRE目指して頑張りたいですね。

この記事を書いた人
  • 甲(こう)@koublog2
  • 20代後半妻子持ちサラリーマン
  • 一馬力でFI(経済的自立)が目標
  • 大手メーカーでソフトウェア設計開発担当
  • インデックスファンド(オルカン)に投資
  • つみたてNISA満額投資
  • 企業型DC満額投資
  • 投資歴5年目

FIREするのに必要なお金

結論から申し上げますと、1年の生活費の25倍のお金があればFIREに到達したことになります。

  • 生活費が月に30万の方であれば、年間360万×25年で、9000万円
  • 生活費が月に20万の方であれば、年間240万×25年で、6000万円
  • 生活費が月に10万の方であれば、年間120万×25年で、3000万円

といった具合です。

Xさん

それだと、退職して25年しか持たないのでは?人生100年時代だよ?

という声もありそうですが、貯めたお金をただ消費するわけではありません。

このお金を、資産運用することで、働かなくても毎年生活費分のお金をGETするというわけです。

以下の記事でも解説している通り、インデックス投資の平均利回りは米国株や全世界株に長期投資した場合の限定にはなりますが4~6%です。

関連記事:【インデックス投資】株式の利回りの相場は何%?相場や平均を知って身を守ろう

つまり、25年分のお金があれば、その利回り4%分が1年分の生活費となります。

例:9000万円の4%は360万円。生活費ぴったり

そんなにうまくいくのか?という疑問も当然ですが、これは「4%ルール」にて過去のデータ上資産が枯渇しなかったことを証明されています。

関連記事:【インデックス投資】投資資金、いつ引き出す?4%ルールについて解説

なので、理屈の上ではいくら生活しても資産が減らない、どころか利回りが4%を上回る場合もあるので逆に増えていくことの方が多いということが分かっています。

非常に魅力的ですね。

資産運用には、現代の富の倉庫と呼ばれる証券口座の開設が必要です。

証券口座については、以下の記事で紹介しておりますのでよければ参考にしてください。

ネット証券会社ランキング比較
【2021年最新版】人気でおすすめのネット証券会社5選を比較してランキングにまとめました!おすすめのネット証券会社5選を比較してランキングにまとめています。...

FIREについては、以下の本で詳しく解説されていますので興味がある方は読んでみてください。

FIREした後の世界

では、皆さんはFIREしたあと、実際に何をしたいでしょうか?

ただ働きたくない、田舎でのんびりしたい、期間に縛られず旅行に行きたい

色々あると思います。

私個人の考え方ではありますが、FIREの最大の魅力は「自分が本当にしたい仕事ができる」ことだと思ってます。

子どものころの夢が叶えられる、と言ってもいいかもしれません。

ゲームが好きだからゲーム屋さんになりたい、ケーキが好きだからケーキ屋さんになりたい、ドラマが好きだから女優になりたい、音楽が好きだからミュージシャンになりたい、食べるのが好きだからお店を開きたい

こんなこと、1回は思ったことある人も多いのではないでしょうか?

でも、大人になるにつれて

Xさん

あ…稼げないんだ、一部の人しか生活できないじゃん、リスクも高いなぁ…あきらめよう

という事に気づいていくわけです。

経済的自立を達成できていれば、この考えをなくせます何せ稼げなくてもお金に困りません。

本気で自分がやりたかったことに無制限で打ち込めるのです。私はここにFIREの魅力を感じています。

なので、私個人としては「FI」を目指しているといった方が近いです。「RE」するつもりはあまりありません。

「本当にやりたいこと」で経済を回せば、皆今より本気で仕事に取り組むと思ってます。

そうすれば、これからも世界経済は成長していくんじゃないかと考えている次第です。

甲のFIRE計画。現在進捗率4%

我が家の生活費は現在月25万円ほど。

単純に年間300万円生活費として必要。つまりFIREのためには7500万円の金融資産が必要です。

現在総資産としては500万円確保しています。

その中で金融資産は300万ほど保有しています。残り200万は生活防衛資金です。

今、月に投資できている金額は13.5万円です。

5%の利回りで運用できたとして、23年3か月の月日が必要というシミュレーション結果が出ています。

なかなか遠いです…

生活費で削れる部分はさらに削りつつ、本業×副業で投資に回せるお金を増やしていかなければなりません。

目標は、45歳でFI(経済的自立)を達成すること。

そのためには、月に224,559円の積み立てが必要です。

今の投資額に対してはプラス10万円ほどの上乗せが必要。

本業の給料アップや、副業収入を増やしてどんどん期間を短縮していきます。

定期的にFI目標に対しての進捗率を報告させていただく予定です。

まとめ:人生の選択肢を広げるための資産形成を

今回は、どんどん話題となりつつある「FIRE」について解説しました。

  • FIREとは、Financial Independence, Retire Early(経済的自立、早期リタイア)のこと
  • 1年の生活費の25倍のお金があればFIREに到達
  • FIREの最大の魅力は「自分が本当にしたい仕事ができる」こと

もちろん、到達するには努力して自分の収入を増やしたり、投資をしてお金に働いてもらう経験を養ったり、ハードルは高いです。

収入をあげる方法についてはこちらの記事で解説しています。

また、実際に月にどれくらい積み立てていけばいいのか?についてはこちらの記事でも解説しています。

自分の考えを多く語ってしまいましたが、参考にしていただければ幸いです。

ということで今日はこの辺で、それでは!

※6/21追記

入社時に知りたかったお金の話について以下の記事でまとめておりますので合わせてご活用ください。

新入社員とお金
【新入社員必見】入社時に知りたかったお金の話【貯金・投資・保険】自分が入社してから悩んできたお金の話について、「入社時に知っていれば…!」という観点で解説しております。知らないだけで損している情報は世の中にたくさんあるので、知らない人との差をつけていきたいですね。...

※インデックス投資の始め方から終わり方まで解説した記事はこちらから

【揺り籠から墓場まで】インデックス投資の始め方・続け方・終わり方インデックス投資の解説記事です。始め方・続け方・終わり方を広く網羅的に解説しています。...
ABOUT ME
45歳までにFI(経済的自立)を目指す技術系若手社員